本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アルストロメリア


戻ります

アルストロメリアのデータ

花色:赤ピンクオレンジ黄白
学名:Alstroemeria
科名:アルストロメリア科
分類:秋植え球根
原産地:南アメリカ原産
大きさ:背丈20〜150cm 横幅20〜40cm
主な見所:花(5〜7月)

アルストロメリアの特徴

蝶のような美しい花は花つき・花もちにも優れています。ユリを小型にしたような整った姿の花なので切花にも人気です。花弁には斑点や線状のブロッチが入りますが、ブロッチなしの改良種もあります
矮性種から高性種まで幅広く品種があり、葉の形も丸い短めのものから、長い円錐状のものまであり、用途によって使い分けられます。以前は鉢植えで植えられることが多かったのですが、耐暑性に優れるハイブリッド種が一般的に出回るようになって庭植えで見られることも多くなりました。球根はカラカラの乾燥を嫌うため、ユリと同じくポット植えの状態で出回ることが多いです

  • 難易度: 日当たり・水はけがよければ丈夫に育ちますが、それ以外では難しいです
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 過湿にも乾燥にも弱いところがあります
  • 耐寒性: 寒さにはそれほど強くありませんが、南関東以南であれば大丈夫です

アルストロメリアの育て方

秋に球根を求めて植えつけるか、初夏に開花株を求めます。球根で手に入れた場合は乾燥させないようにすぐ植えつけましょう。植えつけはやや浅めの鉢植え5cm、地植え5〜10cm程度とします。日当たりと水はけの良い場所を好みます。酸性土を嫌うので用土は苦土石灰などで中和しておきます。鉢植えにされることが多いですが、水はけのよい場所であれば地植えも可能です。耐暑性がやや弱く、鉢植えは夏場に午前中日が当たる程度の半日陰に移動します。冬越しは南関東以西の暖地であれば問題ありませんが、寒さに弱い品種もあります。矮性種は球根が充実するまで花が咲かない場合がありますが、しっかり肥培すれば翌年咲きます。高性種は思わぬ高さになることもあるので支柱を早めに立てましょう

  • 管理:葉が枯れたら、鉢に植えたまま涼しい場所で管理します。掘り上げない方が良いです
  • 肥料:元肥をしっかり効かせ、花が咲いたあとはカリ分の多い肥料を与えて来年の花を咲かせる力をつけます
  • 病害虫:アブラムシが発生するので駆除します

アルストロメリアのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。艶やかな花ですが、全体で見るとユリに似た雰囲気があり、他の花と合わせづらくはありません。矮性種は花壇の前景や鉢植えに適しています。中〜高性種は大きな鉢に単独で植えるか、ボーダーガーデンの中央〜後方に植えつけます。切花にももちろん向いています。まとめて植えても、ポイントに置いても様になります。球根植物ですが、地味になりやすいペレニアルガーデンにぜひ取り入れたい花のひとつです

アルストロメリアの主な品種

以前はリグツ系など系統別に分かれていましたが現在はハイブリッド種が主流です。中でもガーデンアルストロメリアと呼ばれる、地植え向きに耐暑性などが改良された品種群が育てやすいです。また、可憐な原種も出回っています。矮性種には寒さに弱い品種もあるので耐寒性は確認しましょう


「インディアンサマー」
ガーデンアルストロメリアの代表的な品種の一つ。そのため耐暑性が強く丈夫です。オレンジのよく目立つ花と銅葉のコントラストが魅力的。四季咲きで花つきよく、大きくなるので庭植えに向いています



ユリズイセン(A. psittacina)
常緑で暑さに強く育てやすい。やや高性でボーダーガーデンに向きます

アルストロメリアの個人的な印象

オススメ度:85%
美しく、花つきにも優れた花。株の大きさが様々で用途が幅広いのも魅力です。関東以南では耐暑性を高めたガーデンアルストロメリアの品種群がおすすめ

戻ります