本文へスキップ

小型水槽による水草レイアウトの紹介

小型水槽水草レイアウト

小型水槽レイアウト集 2006以前

シンプルテラリウム
■シンプルテラリウムT

  • ○60×20×30cm水槽、○ライト(合計36W)、○内部式フィルター
    ○使用水草:
    テーブルヤシ、シュロガヤツリ、アヌビアス・バルテリー、アヌビアス・ナナ、ミクロソリウム
    ナヤス、南米ウィローモス、クリプトコリネ・ウエンティグリーン、ピグミーチェーンサジタリア
  • 前回の反省から、底砂は田砂に変え、植物もおもいっきりシンプルになりました。しかもなぜかテラリウム!?ポイントは、シュロガヤツリを高くしていない部分に植えたこと。暗くなりそうなところに陰性水草をあらかじめ植えているところ。でも、出来に不満があるのでこれから改良していこうと思っています

水草水槽レイアウト
■青龍石を使った片流れ水槽

  • ○60×20×30cm水槽、○ライト(合計36W)、○底面式フィルター、○二酸化炭素添加
    ○使用水草:
    スクリューバリスネリア、パールグラス、グリーンロタラ、ロベリアカージナリス
    ポゴステモン・ヘルフェリー、クリプトコリネ・ウエンティグリーン、ブロードリーフテネルス
    キューバパールグラス、アヌビアス・ナナ、アヌビアス・ナナ・プチ、ブリクサ・ショートリーフ
  • 2006年一押しの水槽がこれでした。ポイントは大好きな片流れレイアウトと、キレイに育ったキューバパールグラスでした。あと、敬遠していた青龍石が意外とソイルに合うことも発見でした
  • でした…そう、この水槽は残念ながらリセットしてしまったのです。コケのせいで。糸状の非常に性質の悪いコケで、正確なことはわかりませんが、たぶんアヌビアスと一緒に入ってきたようです。あらゆるコケ取り生物を入れ、水換えなど色々やってみたのですが最終的には水槽リセットしてしまいました。見た目がよくて、これからの推移が楽しみだったのですが…残念

水草水槽レイアウト
■チェリーバルブと水草の緑

  • ○30×25×30cm水槽、○ライト(合計27W)、○底面式フィルター、○二酸化炭素添加
    ○使用水草:
    ヘアーグラス、ブリクサショートリーフ、ロタラ・ナンセアン、パールグラス、トニナ・sp
    グロッソスティグマ、シペルス
  • 余っていた水草たちを使って、レイアウトを組んでみたのがこれです。ポイントはチェリーバルブの赤と水草の緑です。写真では目立ちませんが、チェリーバルブは派手でよく動きました。この後、グロッソスティグマも美しく茂りましたが、そのときの写真がありません…

水草水槽レイアウト
■アマゾンソードとその仲間たち

  • ○60×20×30cm水槽、○ライト(合計36W)、○外掛式フィルター、○二酸化炭素添加
    ○使用水草:
    バリスネリア・ナナ、シペルス、アマゾンソード、チェーンアマゾン、テネルス
  • 「シンプルに」を心がけたレイアウト。使用水草も種類を抑えています。中央のアマゾンソードのまわりにチェーンアマゾン、テネルスといった同じエキノドルス系の水草を配して統一感を持たせています。底砂は田砂とソイルで、溶岩石の向こうで敷き分けています
  • この後、アマゾンソードが成長して立派になり、おもしろいレイアウトになったのですが。残念ながら、このときの写真が見つかりませんでした

白砂水草水槽レイアウト
■白砂レイアウト

  • ○30×25×30cm水槽、○ライト(合計27W)、○内部式フィルター
    ○使用水草:
    バリスネリア・スレンダータイプ、サジタリア・スプラータ、南米ウィローモス
  • 初めて白砂とソイルを分けて作ったレイアウトです。思ったよりも作るのは簡単だったのですが、維持の方が大変なことに後で気づきました。白砂部分が汚れやすくて大変…。美しさにあこがれて作ったのですが、白い部分が目立つだけに汚れに神経質になりやすくて、少しストレスの溜まるレイアウトになってしまいました

水草水槽レイアウト
■ブリクサの森

  • ○60×30×36cm水槽、○ライト(合計36W)、○外部式フィルター、○二酸化炭素添加
    ○使用水草:
    シペルス、グリーンロタラ、トニナ.sp、ブリクサ・ショートリーフ、テネルス
  • 見たまんま(笑)。たまたま環境に合ったのかブリクサがやたらと繁盛してしまいました。上記以外にも水草を植えたようですが思い出せません。でも、レイアウトが無茶苦茶なのにもかかわらず意外な美しさを見せてくれました。この時期はレッドビーシュリンプを飼っていましたね、前面の溶岩岩に見えます。この頃増えすぎて困っていたのですが、別の水槽に変えたら嘘のようにいなくなってしまいました

100円テラリウム
■100円テラリウム

  • ○40×27×30cm水槽、○ライト(合計27W)、○底面式フィルター
    ○使用水草:
    アマゾンフロッグピット、コケ(種類不明)、タマリュウ、ネフロレピス
  • 100円均一で売られていた、植栽用穴あきの軽石に触発されて作ったテラリウム。写真ではイマイチに見えてしまって残念ですが、意外と味があってよかったです

以前の水草レイアウト